自ら行動し答えを見出すことで成長

医薬品の臨床開発担当

医薬品の臨床開発担当者です。

薬学部を卒業後、幅広い事業を展開している、薬“DAKE JA NAI”テイジンの“可能性”に惹かれ、入社しました。入社後は医薬品の開発担当として、治験(候補物質を厚生労働省に新しい薬として承認してもらうために行う臨床試験)を進行管理する仕事に携わっています。

部署の先輩たちは複数のタスクを抱えて忙しいため、まさに先輩の背中を見て仕事の進め方を覚えていきました。また、治験への協力を依頼するために、対象疾患領域のプロフェッショナルである医師がいる全国の病院を訪問しますが、医師や看護師たちから得られる多くのことも自身の成長につながっているといいます。医師からはテイジンの医療機器についてお話をいただけることも多く、一つの疾患に対して幅広い治療の話ができることはテイジンの臨床開発職で働く大きな魅力だと感じています。「ゴールをぶらさずに行動してみる、やってみる」という姿勢を大事にし、多くの知識や情報を吸収することで、医師と実のあるディスカッションができるよう、日々勉強を惜しみません。

後輩の指導を任されるようにもなり、後輩には全ての答えを教えるのではなく、ヒントを与えて、そこから自分で答えを出せるように導いています。後輩の成長を感じると、自分も嬉しくなるそうです!