自分らしく挑戦し続けた先に

医薬情報担当者

医薬情報担当者(MR)です。

テイジンに入社後、ヘルスケア事業の東京にある営業所配属となり、MRとして基幹病院や開業医の担当をしています。医師や看護師などの医療従事者に対して、テイジンの医薬品・医療機器に関する情報や、関連疾患の最新データ、地域の医療状況などの情報を提供しています。人の命に関わる領域ですので、安全性情報を含めた正確で適確な情報伝達に留意し、また、医師や医療従事者、特約店(医薬品卸)の人たちとのつながりや信頼関係を大切にしながら、日々テイジン製品の採用拡大に向けて努力をしています。

入社直後は前任者から引き継いだ既存の病院の担当に留まっていましたが、それ“DAKE JA NAI”!市場を一から洗い出して分析したり、病院などに赴いて自らの足で稼いだ情報をベースに仮説を立てて、自身の次のアクションを明確化したりと、自分らしいスタイルで新規開拓に挑戦していった結果、新薬の販売で全国トップクラスの実績を上げたこともあるそうです。