海外赴任中の経験を活かして

アラミド繊維製造ライン統括

パラ系アラミド繊維「テクノーラ」の生産工場の製造ライン統括者です。

入社してからアラミド繊維の研究開発や、タイにおけるメタ系アラミド繊維工場の立ち上げなどに携わり、現在は「テクノーラ」工場の100人を超える製造現場の社員・スタッフを統括する彼。お客様に品質規格に適った製品を安定供給すべく、生産計画立案から生産に必要な原料・加工薬品の調達手配、生産条件の管理、製品の梱包まで、生産に関わる一連の業務を遂行しています。

タイの新工場建設では、英語が通じない人が多く、最初はどのようにして計画通りに工場を立ち上げていけるか不安でしたが、実際に飛び込んでみると、片言のタイ語や身振り手振りでコミュニケーションを取りながら進めていくことができ、自分の可能性を信じ挑戦していくことが大事だということが分かったそうです。そして、この海外駐在中に身につけた工場のオペレーションスキルが、現在の運転班長の仕事に活かされていると言います。