欧州でのテイジンのプレゼンス向上を

コミュニケーション担当

2018年3月まで、帝人東京本社でコーポレートコミュニケーションに関わる仕事を担当していた、ドイツ出身のスタッフです。

ドイツでテイジンのグループ会社に勤務していた彼女は、「日本でコミュニケーションの仕事を勉強したい!」という思いを実現し、2016年に来日。広告宣伝、社内報や会社案内の制作、広報などの業務に携わりました。

「文化や慣習、ビジネススタイルも違う異国の地での勤務は毎日が挑戦の連続。当初は失敗も多く、苦労することもあったけれど、周りの人たちが丁寧に指導やサポートをしてくれたので、壁を乗り越え、自分の可能性を広げることができました」とのこと。ドイツに帰国した現在は、「日本の仲間たちと協力しながら、ヨーロッパの人たちにテイジンをもっと知ってもらえるように、頑張りたい!」と、新たなチャレンジを続けています。